旅する猫の通信局 ~ クロネコナイフ official web site ~ 

寂しい歌を優しく歌う、孤独のメルヘン弾き語り。 クロネコナイフ 鈴木涼 の 公式ブログです。

♫ welcome ♫
孤独の弾きたがり、「クロネコナイフ」。
メルヘンチック・ソングライター 鈴木涼 の 公式ブログへようこそ!!


「哀しいことは、小さな歌にして。」     クロネコナイフ 入魂のアルバム 
「夜明けのプレリュード」
夜明けのプレリュード
地味に世間様 絶賛☆発売中!!     ダウンロード版はこちら


作曲・編曲作品は↓のサイトでお聞きいただけます。

soundcloud
OK Music

you tube クロネコナイフチャンネル
「クロネコナイフ☆弾きたがり倶楽部」


気まま系ブログは・・・こちらです。
ブログ FC2 バナー1 吟遊詩人の遺書  La volonté d'un ménestrel

月別アーカイブ  [ 2011年05月 ] 

雨上がり

「太陽が 一番きれいなのは、 それは雨のあと。」


Alto Theif vol.3 無事に終わりました。

あいにくの大雨となってしまいましたが、
そんな中、聞きにきてくれた皆様、本当にありがとうございます。


そういえば、僕たち二人は筋金入りのレイニーボーイ(雨男)でありました。

僕たちがいらないフラグを立てたのかな、なんて、
地球大気にただ一人の心もちが影響を与えたなんて、その程度の自己中心的妄想を広げる、かわらずの僕です。

だって、やっぱり雨の日にお別れなんて、僕たちらしいじゃない。


うん、そう、現メンバーでのラストライブとなったわけですが・・・
どうしてこうなったかとかそういうことは、色々あったようで幾つもなかったようでもあります。

昨日、ある人にお叱りを受けました。
とても貴重な言葉をもらい、そして自分の本心を知りました。

それを知ったうえで、それでも言いたい。

「どうしても譲れなかった線もある。」

それを譲れないから、気づいていてもひずみを放置してきた、二人の関係がそれでどうなっても、いいとさえ思ってました。

けれど、それではダメだったのです。
そんな線は無くしてしまうべきだったのです。大人ならば。
それは僕のためだけではなく、今まで出会った僕たちを好きだと言ってくれた人たちのために。
その人たちへの責任が、僕らには少なからずあった。

それなら守るべきだったのに、本当にごめんなさい。

「ありがとうございます」と言うべきなんでしょう。
けれど、やっぱり、ごめんなさい。

いつまでも子供でごめんなさい。

二人のクロネコナイフを壊したのは、僕です。


残念ながら二人でのライブはこの後やる当てはありませんが、けしてこれにて解散ということではなくて、これから僕たちは長いレコーディングに入ります。その意味では全然お別れじゃない。一緒のスタジオで一緒の音楽を作るのですから。やることは同じ事です。
まだまだ二人三脚は続きます。(+併走するプロデューサーK氏で)
願わくば、これからはできるかぎり楽しくやれるように努めたいです。

アルバム、楽しみにしててください。
クロネコナイフだから出来る音楽です。

やっぱり勝手な言い分ですが、その音楽を具現化することが、僕たちがクロネコナイフを延々と3年近くもやってきた意味になると、信じてます。

いいえ、しなければ、無意味なものになってしまう。




とにかく、外も雨は上がったようです。
明日、新しい靴を下ろそうと思います。


==========================================

アコースティックアンサンブル「クロネコナイフ」の活動情報は
公式ホームページ クロネコナイフ新聞  まで。
ライブ情報、CD情報などアップしてます。



舞台「心命(みこと)」に音楽を書き下ろしました!!
こんな感じのイメージ曲集です。
気に入ったらぜひ、下記リンクからダウンロードお願いします!!  
  「音楽集 心命(みこと)によせて」
    DTM全15曲  定価 500円。

帰り道のハミング/クロネコナイフ

¥1,050
Amazon.co.jp






スポンサーサイト