旅する猫の通信局 ~ クロネコナイフ official web site ~ 

寂しい歌を優しく歌う、孤独のメルヘン弾き語り。 クロネコナイフ 鈴木涼 の 公式ブログです。

♫ welcome ♫
孤独の弾きたがり、「クロネコナイフ」。
メルヘンチック・ソングライター 鈴木涼 の 公式ブログへようこそ!!


「哀しいことは、小さな歌にして。」     クロネコナイフ 入魂のアルバム 
「夜明けのプレリュード」
夜明けのプレリュード
地味に世間様 絶賛☆発売中!!     ダウンロード版はこちら


作曲・編曲作品は↓のサイトでお聞きいただけます。



soundcloud
OK Music
月別アーカイブ  [ 2017年09月 ] 

さよならのチケット

久しぶりに新曲なのです。聞いてくだいまし。




作詞・作曲・編曲 : 鈴木 涼

卒業ソング的な歌を書いておきたいな、と思って作った歌です。
チケットを渡し渡され、そういう風にして、未来へと歩いていく、サウイウニンゲンニワタシハナリタイがきっと無理でしょう。

================
「さよならのチケット」

突然ひとりで決めてしまったから
君はきっと怒っているかな
でもねわかるでしょ見つけてしまったの
ずっと前にしまったチケット

行き先はあの日夢見たまぼろしの未来 きっと

始まりと同じ風に乗せて届く別れの時
まだ見ぬ自分に出会うための勇気
背中を押してくる 無理にでも
とどまる事は出来ない
いつだって前にしか進めないさ うしろ向いてても

2人で分けて食べた思い出の分
増えたメモリ 溢れるぐらいさ
だから決めたんだ ここから出ていこう
もっと深く世界を見たくて

昨日でも明日でもない
今日がその時さ 行こう

きっと忘れない あの日ケンカのあと指切りした
大人になってもどこにいてもずっと友達
だからこそ見てみたい チケットが指す未来を
その先でもう一度 分け合えたらもっと愛せるよ

君にもね届いたのなら 旅立ちの合図 聞いて

始まりと同じ風に乗せて届く別れの時
まだ見ぬ自分に出会うための勇気
背中を押したのは 君なんだ
もう一度指切りしよう
さよならのチケットを二つに割って 君に預けるね

=======================

作曲初稿:2017.3.18
作詞UP:2017.6.2

制作UP:2017.9.27

Show less

スポンサーサイト