旅する猫の通信局 ~ クロネコナイフ official web site ~ 

寂しい歌を優しく歌う、孤独のメルヘン弾き語り。 クロネコナイフ 鈴木涼 の 公式ブログです。

♫ welcome ♫
孤独の弾きたがり、「クロネコナイフ」。
メルヘンチック・ソングライター 鈴木涼 の 公式ブログへようこそ!!


「哀しいことは、小さな歌にして。」     クロネコナイフ 入魂のアルバム 
「夜明けのプレリュード」
夜明けのプレリュード
地味に世間様 絶賛☆発売中!!     ダウンロード版はこちら


作曲・編曲作品は↓のサイトでお聞きいただけます。



soundcloud
OK Music

だから名前を呼んで。

年賀状は手付かず、
大掃除どころか未だ8月の引越し荷物も片付かず、

今年のメインテーマにと思って書きかけた五線譜ばかり、
ああそういえば、あの曲も取り組もうとか思っていたけれど、
手もつけていない・・・・とか

そうだ自転車を買ったら、どこかに行こう。
・・・と思っているうちに、春は過ぎてしまって、
夏は嫌だから秋になるのを待とうか・・・
などと言っていると、あれ知らぬ間に真冬だ・・・
ああやっぱり、
そんなのばっかりだけれど、

行く年、そして来る年という絶望的な瞬間は、誰にも等しくやってきます。


だれが最初に言い出したのか知らないけれど、
きっとその人は、
いわゆるリアじゅ・・・・
ゲホゲホ・・・
自分の「今」に自信が持てて、気持ちの整理が得意な人だったのでしょう。

良いことですね。
ほんとに、そうありたいものです。


・・・・・なれないけれどw


東京での生活を手放したのが、
僕の音楽にとって良いことなのかわるいことなのかは、
実のところわかりません。

けれど確かなのは、
ここに来なければ出会えなかったかもしれない、
多くの人たちと出会えたということ、
そして、
そこにいたなら出会えたかもしれない多くの人たちに背を向けたということ。

それだけは、確かに存在しているのです。


12月。
忘れかけた頃に、
元バイト先の仲間からメールが来ました。

「店長と社員さんが異動になるんで、お別れ会、来てください!」

……そんなお知らせは、来ないと思っていた。
みんな、僕のことなんて忘れて、
そういえばあいつ誰だっけ、ほらオープニングスタッフにメガネかけてる奴いたよね?
なんて、
後で言われるような、
そんな蜃気楼みたいな存在に、
なれたと思っていた。

大バカ者。
人間ひとり、そこに居たということが、そんなに薄いものであるはずがないんだ。

そう思ったとき、
時を待っていたかのように、新しいメロディが生まれました。
photo:01



名前を呼ばれる、
ということは彼の世界に自分が存在しているという証拠かもしれません。

名前を呼ばれた数だけ、
僕は誰かと繋がってきた……
そしてこれからも。

その糸は、どこまでも伸びて、
ピンと張るほどに澄んだ音を鳴らす。

まるでナイロン弦のように、
意外に強く依られているので、
どちらかが、鋏を使う勇気を出さなければ、

とても切れない。


・・・・・・。

2012年、有難うございました。
何に感謝なのかわからないくらいたくさん、ありがとう。

クロネコナイフは2013年も、きっとこんな感じです。

寂しい歌を、楽しく歌ってます。
スポンサーサイト

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL