旅する猫の通信局 ~ クロネコナイフ official web site ~ 

寂しい歌を優しく歌う、孤独のメルヘン弾き語り。 クロネコナイフ 鈴木涼 の 公式ブログです。

♫ welcome ♫
孤独の弾きたがり、「クロネコナイフ」。
メルヘンチック・ソングライター 鈴木涼 の 公式ブログへようこそ!!


「哀しいことは、小さな歌にして。」     クロネコナイフ 入魂のアルバム 
「夜明けのプレリュード」
夜明けのプレリュード
地味に世間様 絶賛☆発売中!!     ダウンロード版はこちら


作曲・編曲作品は↓のサイトでお聞きいただけます。

soundcloud
OK Music

you tube クロネコナイフチャンネル
「クロネコナイフ☆弾きたがり倶楽部」


気まま系ブログは・・・こちらです。
ブログ FC2 バナー1 吟遊詩人の遺書  La volonté d'un ménestrel

謎のブルースマン

注意:今日の日記は自分でも整理のついてない事を書いているので、視点があっちゃこっちゃ動いてホントに読みづらいです。
推敲する気力もないので、このままあげます。
とりとめもない「おしゃべり」を聴く感覚でお読みください。
あと、ノンフィクションです。


「10円玉の男の伝説」

今日の路上ライブ中の出来事。
「寒くなってきたし一休みしようかな~」と思ってギターしまおうとすると、
突然へんなヤンキー風のお兄ちゃん登場!!
しかもマウンテンバイクに乗って、颯爽と。

で、「歌って」って言うから、そんな感じでも求められれば若干嬉しいから
やるじゃないですか。
でも困っちゃったのは、その人、マウンテンバイクを僕の目の前に横倒しで放置したまま、遠くの石段のところに腰掛けたんですね。
それで、バイクは歩道に放置みたいな。。
みんな、「何コレ、迷惑・・・」的な目でバイクをよけて通るんですよ。
当然、おきっぱの第一容疑者は僕。
「ちょっと待って~~、それは違うんだぁ~~」
と思いながら季節はずれの「桜前線」を歌いまして、しましたらすると、
その人、おもむろに近づいてきて「ちょっとギター貸して」というので
「はぁ、まぁちょっとだけなら」と内心ヒヤヒヤしながら貸したのですけど、
まぁその人バリうま!!
延々ジャカジャカとブルースを弾きまくる。
しかも、ピックの代わりに10円玉を使って。

なるほど腕に覚えのある人なんだな、というのは分かったが、困ったことになかなか彼のブルースタイムは終了しない!!
鬼気迫るカッティングを見せる彼に、「あのぉ」と声をかけるのも憚られ、心の中で「アナタのテクが神なのはわかったからもう返して~~」と叫んでいると、上手よりメンズ三人登場。
メンズA「どしたんすか~」
僕「あはは~、いや、それがぁ」
メンズB「(謎の彼を指して)メンバーの方ですか?」
僕「あはは、いや~(んなわけない!!)」
メンズC「あ~、絡まれちゃった感じですか?」
僕「どうなんですかねぇ」(←実際わけわからんかった)
とかいう会話を交わした後、しばらくして謎の彼、
「調子でねぇ」とか言いながら何事もなく僕にギターを返してくれた。

「??・・・・ま、いいか」と思いそそくさと帰り支度(逃げる準備)を始める僕。

で、そのタイミングでお巡りさん登場!!
どうやらさっきのメンズ三人が呼んでくれたらしい。
いや、会話はするものである。

「何かトラブル?」
とお巡りさん。
実際なにもなかったので(迷惑ではあったが)「大丈夫です」と応えたけど、
今度は謎の彼、お巡りさんに聞かれてもいない身の上話を語り始める。
いわく、「自分はハワイ系アメリカ人と日本人のハーフで、乳児の頃から日本で暮らしているから日本語は堪能だがアイデンティティはアメリカ人でクリスチャンだ。新宿のカテドラル教会に行くつもりで仙台から来た。ところで新宿アルタはどこか?」云々・・・。
大急ぎで路上グッズを片付けつつ聞いた感じでは、だいたいそういうようなことを言っていた。
はっきりいって謎だ。
お巡りさんも困った顔で、「新宿へはこの道をまっすぐ行けば着くからね」
といって早々に彼を解放した。

僕も「すんません、僕ももう帰りますんで」とそそくさと退散。
いくら池袋が路上ライブに寛容だと言っても、ここですぐ再開とかいったら
「これ以上迷惑かけるな!!」と言われかねないから。

さて、こうして不思議な一夜は終わりを告げるのだが、
しかし彼は、いったい何者であったのだろう・・・。
ちなみにピックの代わりの10円玉は、「やる」と言われたのでチップとして受け取った。
それで数分後に牛丼代の足しに消えたのだ。

====完=====


ちなみに、このあと西口で路上ライブ再開したのだが・・・そこでも色々とありまして・・・しかしそれはまた別のお話・・・。
またの機会にお話しするとしましょう。(←誰や)

スポンサーサイト

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL