旅する猫の通信局 ~ クロネコナイフ official web site ~ 

寂しい歌を優しく歌う、孤独のメルヘン弾き語り。 クロネコナイフ 鈴木涼 の 公式ブログです。

♫ welcome ♫
孤独の弾きたがり、「クロネコナイフ」。
メルヘンチック・ソングライター 鈴木涼 の 公式ブログへようこそ!!


「哀しいことは、小さな歌にして。」     クロネコナイフ 入魂のアルバム 
「夜明けのプレリュード」
夜明けのプレリュード
地味に世間様 絶賛☆発売中!!     ダウンロード版はこちら


作曲・編曲作品は↓のサイトでお聞きいただけます。



soundcloud
OK Music

『紅い月プロジェクト~紅い風の章~』 最終回 公開中。

大好評公開中のボイスドラマ 『紅い月プロジェクト~紅い風の章~』 (制作 ぽすといっと)    
ついに完結です!!

怒涛のクライマックスを聞き逃すな!!

ポッドキャストで無料公開中です。

i Tunes
https://itunes.apple.com/jp/podcast/hongi-yuepurojekuto-hongi/id685972282?l=en …


紅い月プロジェクト 公式サイト

予告編




また、他サークルによる作品も続々公開されております。

ぜひお聴きくださいませ。

そしてクロネコナイフが書き下ろしたBGMも、聞いてみてくださいね!!





最高の作品に作曲させて頂けて、本当に嬉しく思っております。

今回のお仕事で、やはり自分は作曲が好きで劇伴がやりたいんだと思いました。

今の時代、フリー配布音楽というものがあって、わりと簡単にクオリティの高い音楽を、手に入れることができます。
だから同人ゲームや演劇、ボイスドラマなど、BGMはフリー音源で済ましてしまうというケースも多く、
また必要のことだけを考えたらそれで十分・・・もしかしたらイメージの相違を避けることもできるし余計な制作フローが省略できる分だけメリットがある・・・・という事もあると思います。

じゃあそんな中で、「書下ろし」のメリットってなんでしょうか?

音楽の立場から言わせていただくと、たしかにBGMは背景ではありますが、しかし物語を語るものでありたいと思います。
「雰囲気さえあればなんでもいい」じゃ、あんまりじゃないですか。
たといリスナーは雰囲気程度にしか認識しなくとも、です。
作品のテーマがあって、ストーリーがあって、カラーがある。
それは逆ではけしてない。
音楽も雰囲気ではなく、「この作品のための音楽」として、自分のイメージしたものをストレートにぶつけたい。

しかし一方で、あくまでもドラマを盛り上げるための一装置であるというのも事実です。
出来上がったものが、装置として不便であれば、やはりフリーから引っ張ってきた方が良かった、という事になる。

今回、久しぶりのBGM作曲ということもあって、その二つをちゃんと考えて作りたかった。
このご時世に敢えて「書下ろしを」と依頼してくださった ぽすといっと さんに敬意と感謝を表して。
ちゃんと達成できていたら良いのですが・・・。

自分の音楽が、この素晴らしいドラマの色彩として機能していましたら、嬉しい限りです。
スポンサーサイト

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL