旅する猫の通信局 ~ クロネコナイフ official web site ~ 

寂しい歌を優しく歌う、孤独のメルヘン弾き語り。 クロネコナイフ 鈴木涼 の 公式ブログです。

♫ welcome ♫
孤独の弾きたがり、「クロネコナイフ」。
メルヘンチック・ソングライター 鈴木涼 の 公式ブログへようこそ!!


「哀しいことは、小さな歌にして。」     クロネコナイフ 入魂のアルバム 
「夜明けのプレリュード」
夜明けのプレリュード
地味に世間様 絶賛☆発売中!!     ダウンロード版はこちら


作曲・編曲作品は↓のサイトでお聞きいただけます。

soundcloud
OK Music

you tube クロネコナイフチャンネル
「クロネコナイフ☆弾きたがり倶楽部」


気まま系ブログは・・・こちらです。
ブログ FC2 バナー1 吟遊詩人の遺書  La volonté d'un ménestrel

アレンジ!!

今日は事務所にてCD収録曲のアレンジ作業でした!!

本日まな板の上に上がったのは、ライブで既にお馴染みの「クロネコシンガー」、そして愛すべき小品「リトルアリエッタ」。

「クロネコシンガー」は僕らの中でもひときわ暗い歌ですが、さらに絶望に磨きをかけた感じになってます。
イメージは都会の路地裏です。

「リトルアリエッタ」は短い曲ですが、転調を重ねる、けっこうフクザツな曲でもあります。
それだけにかなり神経つかいました。
前回作ったプロデューサーの打ち込みバージョンと、それを元に僕が書いた楽譜バージョンを、今回すり合わせて一つにした、って感じです。お互いに譲れないところもあったので。
結果的に、かなりいい感じになったと思います。


それにしても今回のCD制作で痛感しているのが、打楽器の威力!!

「クロネコシンガー」「リトルアリエッタ」ともにパーカッションが大活躍です。
「リトルアリエッタ」に至っては、パーカッショニスト何人いるんだ? ってぐらいの豪華絢爛さ。
こうしたことが出来るのも、また打ち込みアレンジの利点でもありますね。
僕は打楽器のアレンジは超苦手分野なので、とても勉強になってます。

ちょっと前、できれば全部自分で編曲までやりたい、と妄言を書いた記憶があるんですが、その志望はそのままに、しかしながら今、

こうして他人にアレンジされてゆく、それを聴いて採譜して変更して提示してまたアレンジされる、というこの一連のやり取りがとても楽しいと感じてます。

アレンジってば一撃で曲の印象までもを変える力があって、
だから前回のCD「帰り道のハミング」制作時は、「意図するものと違ってしまったらどうしよう」とか生意気にも不安になったりしたわけですが、

今回は全く恐れがないのです。

だから、アレンジによってどう印象が変わっても怖くはないのです。
それがイコール悪いことでないと知っているし、
そんなことで魅力が失われるような作曲をしたつもりはないからね。

そしてアレンジャーがわざわざ魅力を失うような編曲をするはずがないと「知って」いるから。
「信じて」ではなく「知って」です。

同業者なら、わかりますよね?

全ては、音楽と自分のプライドのためにです。
それがなきゃ始まらない。


==========================================

アコースティックアンサンブル「クロネコナイフ」の活動情報は
公式ホームページ クロネコナイフ新聞  まで。
ライブ情報、CD情報などアップしてます。



舞台「心命(みこと)」に音楽を書き下ろしました!!
こんな感じのイメージ曲集です。
気に入ったらぜひ、下記リンクからダウンロードお願いします!!  
  「音楽集 心命(みこと)によせて」
    DTM全15曲  定価 500円。

帰り道のハミング/クロネコナイフ

¥1,050
Amazon.co.jp

スポンサーサイト

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL