旅する猫の通信局 ~ クロネコナイフ official web site ~ 

寂しい歌を優しく歌う、孤独のメルヘン弾き語り。 クロネコナイフ 鈴木涼 の 公式ブログです。

♫ welcome ♫
孤独の弾きたがり、「クロネコナイフ」。
メルヘンチック・ソングライター 鈴木涼 の 公式ブログへようこそ!!


「哀しいことは、小さな歌にして。」     クロネコナイフ 入魂のアルバム 
「夜明けのプレリュード」
夜明けのプレリュード
地味に世間様 絶賛☆発売中!!     ダウンロード版はこちら


作曲・編曲作品は↓のサイトでお聞きいただけます。

soundcloud
OK Music

you tube クロネコナイフチャンネル
「クロネコナイフ☆弾きたがり倶楽部」


気まま系ブログは・・・こちらです。
ブログ FC2 バナー1 吟遊詩人の遺書  La volonté d'un ménestrel

新時代のプロテストソングとなるか!?

新しい時代のプロテストソングが生まれるかもしれない。

反原発ソングが話題の斉藤和義、USTREAMで「ずっとウソだった」をライブで熱唱!アクセス集中で一時配信止まるハプニングも
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1563729&media_id=14


どうして、「生まれるかもしれない」なのか、生まれたじゃないか、今、ここに。

と、お叱りの声もあろうとは思いますが、

僕はまだだと思う。


この曲、たしかに「よくぞ言ってくれた!」と拍手喝采モノだけど、
今を未来へ繋げるほどの普遍性は、まだ足りないと思う。

良くも悪くもストレートすぎて、もうちょっとユーモアがあったり、クールさがあったほうが、逆に皮肉だし、むしろ分かりやすくなるように思うのです。
特に、後世においては。


今の段階はまだ、あくまでもここ1ヶ月ほどのムードが、この曲に意味をつけているに過ぎないと。

もちろん、今後、斉藤和義につづけとばかり、「第二次(?)プロテストソング・ブーム」なるものがあったとしたら、それはもう本当に素晴らしいことですが(自分で書いててそのインパクトにびっくりだ。)、
それが単なる「ムード」からのものでは本当の価値がないように思うのです。

と、いうか危うくさえある。

ある意味で、ベトナムのときの反戦フォークの多くが、その危うさを先に見せてくれてると思います。

あの時代、別にあるとき大量の若者(音楽を趣味としない人たちという意味で)が急にGSからフォークソングに傾倒したわけじゃない。

こんなこと言ったら怒られそうだけど、あの時のプロテストフォークは、ちっとも日本の音楽文化に根付かなかったと思う。
ただの、ブームとして終わった・・・いや、歌謡界によって「終わらせられた」のだと。

だからこそ、しだいに「フォーク」という歌謡曲の1ジャンルに押し込められて、ムードが変われば忘れられ、いまや「あの頃」としか言えなくなってしまった。

如何なる名曲があろうとも、たしかにそこには深い断絶がある。

たとえば、僕は不勉強で、最近までこの曲を正しく知らなかったのだけど、



こういう凄い歌が、歌い継がれないということ、
それは音楽にとって非常な損失だ。

批判や風刺は、歌い継がれてこそ意味がある。
だから、素晴らしい歌は未来につなげていかなければならないし、
そのためにはまず、それに耐えうるだけの普遍的な歌を作る必要がある。

せっかく一人の勇者によって新しい潮流が生まれようとしているのに、
ただの一過性で終わってしまったら、こりゃもったいないな、と。

いちおう音楽を作る人間として、そういう使命感というか意味を、胸に刻んでおきたいなと思ったのです。



しかし、それはそうと彼は本気ですね。
僕が見た動画には、配信が止まったときの状況もアップされていたのですが・・・、以下のようなやりとりがありまして・・・、

スタッフ「あ、ちょっと待って」
斉藤「え、何?」
スタッフ「フリーズした」
斉藤「え、どういうこと? 止められた?」
スタッフ「いや、アクセスが」
斉藤「・・・え、誰かが意図的にやってんじゃないの?」
スタッフ「・・・・」
斉藤「・・・・」

ここから歌いなおすまでの長い間が、もうね、生々しい!!

あ、この人ガチやな、と。
相当イラついてるみたいですよ、大人な人たちに。


==========================================

アコースティックアンサンブル「クロネコナイフ」の活動情報は
公式ホームページ クロネコナイフ新聞  まで。
ライブ情報、CD情報などアップしてます。



舞台「心命(みこと)」に音楽を書き下ろしました!!
こんな感じのイメージ曲集です。
気に入ったらぜひ、下記リンクからダウンロードお願いします!!  
  「音楽集 心命(みこと)によせて」
    DTM全15曲  定価 500円。

帰り道のハミング/クロネコナイフ

¥1,050
Amazon.co.jp







スポンサーサイト

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL