旅する猫の通信局 ~ クロネコナイフ official web site ~ 

寂しい歌を優しく歌う、孤独のメルヘン弾き語り。 クロネコナイフ 鈴木涼 の 公式ブログです。

♫ welcome ♫
孤独の弾きたがり、「クロネコナイフ」。
メルヘンチック・ソングライター 鈴木涼 の 公式ブログへようこそ!!


「哀しいことは、小さな歌にして。」     クロネコナイフ 入魂のアルバム 
「夜明けのプレリュード」
夜明けのプレリュード
地味に世間様 絶賛☆発売中!!     ダウンロード版はこちら


作曲・編曲作品は↓のサイトでお聞きいただけます。

soundcloud
OK Music

you tube クロネコナイフチャンネル
「クロネコナイフ☆弾きたがり倶楽部」


気まま系ブログは・・・こちらです。
ブログ FC2 バナー1 吟遊詩人の遺書  La volonté d'un ménestrel

ラストワルツ

「何もなくなった部屋で瞑想する。
はじまりの時と似てる、末広がりの未来を。」


ゆえあって生活と音楽制作の拠点をかえました。

慣れ親しんだワンルームですが、いざ私物を出してしまうと、何か他人の部屋のような気がします。

ああ、この光景はどこかで一度みた、と思えばそのはず、はじまりとお終いは同じ顔をしているようです。

何にでもなれる気がする。
いつでも、こんな心を持てたらいいのに。

最後に弾いたのはフェルナンド ソル、作品32-2のワルツ。

ああ、いつもより響きが良いのは、けして感傷のせいではないのです。

けれど、

お世話になりました。

上手くなったでしょ。


未来は、未だ来ない明日。

二年半前の僕が、思いつきもしなかった未来を今生きている。
それは、成長などということではなしに。


スポンサーサイト

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL