旅する猫の通信局 ~ クロネコナイフ official web site ~ 

寂しい歌を優しく歌う、孤独のメルヘン弾き語り。 クロネコナイフ 鈴木涼 の 公式ブログです。

♫ welcome ♫
孤独の弾きたがり、「クロネコナイフ」。
メルヘンチック・ソングライター 鈴木涼 の 公式ブログへようこそ!!


「哀しいことは、小さな歌にして。」     クロネコナイフ 入魂のアルバム 
「夜明けのプレリュード」
夜明けのプレリュード
地味に世間様 絶賛☆発売中!!     ダウンロード版はこちら


作曲・編曲作品は↓のサイトでお聞きいただけます。

soundcloud
OK Music

you tube クロネコナイフチャンネル
「クロネコナイフ☆弾きたがり倶楽部」


気まま系ブログは・・・こちらです。
ブログ FC2 バナー1 吟遊詩人の遺書  La volonté d'un ménestrel

感動とは

今日はライブでした。

もうね、夏風邪が全然なおんなくて、
リハとかフラフラしながらやってました。

まぁ、本番はそれでも意外にシャキっとできるもんなんですけどね。
同業者にはうなづいてもらえるところだと思うんですが・・・
なんすかね、あのパワーの源・・・「気力」ですかね。
(単に平素パワーを出し惜しみしてるだけなんじゃ・・・という説アリ)

MC代わりに谷川俊太郎さんの「さようなら」という詩を朗読したんですが(もうやりたい放題やると今日は決めていたのです!!)、
粛々と読み始めたがいいが詩の本文をソッコーど忘れしてしまい、
(本の用意もしていなかった・・)
「ええと、たしかこんな感じだったはず・・」と
一節づつ思い出しながらなんとか気づかれずに(たぶん)全文暗誦したという・・・
なんか渡らなくていい吊り橋を渡った気がします。

そしたらライブ後の転換タイムでPAさんが
矢野顕子さんが歌っている「さようなら」をかけてくれました。
ナイスDJ!!
彼女もこの詩が好きだったようで、意外なところで心通じ合ったように思ったり。
なんだかんだ言ったって、そういう瞬間はやっぱり嬉しい。


ああ、そうかもしれない、
これが芸術の力、感動ということなのかもしれない。

音楽も文学も、結局のところそれ自体には意味はなくて、
他者と感動を共有するためのツールに過ぎないのかもなぁ、なんて、
今すこし開放的な気分になってます。



↓クロネコナイフのライブ情報↓

7月28日
池袋3tri
open 18:30~
start 19:00~
stage 21:00~
ticket 未定

8月14日
錦糸町駅前の野外ライブイベントに参加します!

クロネコナイフ 1st CD
「帰り道のハミング」
9月1日発売!!

タワーレコード・HMVで予約できます!

着うた「桜前線」も引き続き配信中です!!
http://mero.jp/
こちらもヨロシク!!
色々アレンジが入っているので、原曲を知っている方は「おっ」となると思いますよ?


公式ホームページ
クロネコナイフ新聞
スポンサーサイト

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL