旅する猫の通信局 ~ クロネコナイフ official web site ~ 

寂しい歌を優しく歌う、孤独のメルヘン弾き語り。 クロネコナイフ 鈴木涼 の 公式ブログです。

♫ welcome ♫
孤独の弾きたがり、「クロネコナイフ」。
メルヘンチック・ソングライター 鈴木涼 の 公式ブログへようこそ!!


「哀しいことは、小さな歌にして。」     クロネコナイフ 入魂のアルバム 
「夜明けのプレリュード」
夜明けのプレリュード
地味に世間様 絶賛☆発売中!!     ダウンロード版はこちら


作曲・編曲作品は↓のサイトでお聞きいただけます。



soundcloud
OK Music

葬送行進曲で「風になる。」

音の出ないEV車でレースが行われる場合、BGMを流すらしいのですが・・・
今回はベートーベンの交響曲第三番つまり「エロイカ」だったそうで・・・

うーむ、ふと思うんだけど、それって、

第二楽章とか、けっこうシュールな光景じゃないか?

それともメロコアアレンジになってるとか!?w

「英雄」音楽バックにEVレース
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1799869&media_id=2

どうでもいいけど「エロイカ」と聴くと、
どうしても漫画「エロイカより愛をこめて」を思い浮かべてしまう。

あの漫画も親の本棚から引っ張り出しては読んだ思い出のコミックだ。

「エロイカ」と称する美術品専門の怪盗と、NATO情報部の少佐が織り成すノンストップスパイアクション!!
・・・ではなく、抱腹絶倒コメディである。

東西冷戦を軸に世界中の要人を巻き込んでのドタバタギャグ!
ま、要するに007のパロディだね。
感覚としては「パタリロ」と似てる(こちらは潰れ肉まんではないが)。

とても面白かった作品です。
今でもまだ続いてるのかな・・・?

まだバリバリ連載中らしいです→ 作者の公式サイト


で、それを読んだのが小学生のころ。
当然、「エロイカ」=フランス語で「英雄」などというボキャブラリィなどあるはずも無く、
間違った認識をしてしまって面白がったのは・・・それは童心ゆえ仕方がないということにして、
全国の青池保子ファンの方々・・・どうか許してください。(笑)



それにしても「Z」(チェット、と読みます。断じて「ゼット」ではない!!w)完全版ですか・・・。
確かに彼が主役の話は面白かったもんなぁ・・・。


いつもまにかニュース関係ない記事になったし!!w








スポンサーサイト

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL