旅する猫の通信局 ~ クロネコナイフ official web site ~ 

寂しい歌を優しく歌う、孤独のメルヘン弾き語り。 クロネコナイフ 鈴木涼 の 公式ブログです。

♫ welcome ♫
孤独の弾きたがり、「クロネコナイフ」。
メルヘンチック・ソングライター 鈴木涼 の 公式ブログへようこそ!!


「哀しいことは、小さな歌にして。」     クロネコナイフ 入魂のアルバム 
「夜明けのプレリュード」
夜明けのプレリュード
地味に世間様 絶賛☆発売中!!     ダウンロード版はこちら


作曲・編曲作品は↓のサイトでお聞きいただけます。



soundcloud
OK Music

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

聖橋から放る

こないだ、バイト先の有線から突然美しいバイオリンが鳴った。

普段、AKBかジャニーズかKポップかぐらいしか流れない、売れ線専門のチャンネルから、
なんとも叙情的な旋律が流れてくるじゃないか。

「この前奏、まるで さだまさし的な匂いだな」

・・・・と、思ったら、歌い出し、

『薄紅の秋桜が秋の日の・・・』って、

まんま「秋桜(コスモス)」でしたよ!!

さだまさし作曲にして山口百恵が大ヒットさせたという、
あの日本ポップス界輝かかりし日(早口言葉です。 「かがやかかりしひ」 三回言ってみよう!!w)の名曲ではないですか!!

誰のカバーなのかは知れませんけど、いや、驚かせてくれる。
そして、楽しませてくれる。


で、笑っちゃったのは、・・・全くの偶然なのですが、

その前々日のライブでは日替わりカバー曲に、

さだまさし大先生の名曲、 「檸檬」をやったばかりだということ!!

なんて個人的にタイムリーなんだ! と一人で興奮しておりましたよ。w
(こんな店員、どうですか?)


さて それでは、この「檸檬」の話をしよう。

はっきり言って、むっちゃカッコイイ歌です。

僕も以前は、
「さだまさし」といえば牧歌的というか優しげというか、ほんわかしたイメージがあったのですが、
この歌を知って以来、それは「北の国から」の刷り込みに過ぎなかったんだな、と無知を恥じる思いです。

だって、この抜群の退廃感はどうよ。それでいてモノクロじゃないんだ。


「食べかけの檸檬、聖橋から放る。」

なんて、こんなにも得体の知れない何かを的確に、しかも写実にして印象的に表した言葉が、
他にあるだろうか!?

この謎の説得力、これがまず凄い!!


よく、初めてぼくの歌を聞いてくださった方から
「さだまさし好きでしょ?」と言われるけれど、特にフォロワーというわけでもないんだけど・・・

と、以前そんなことも言いましたが、

いま、こうしてカバーするために一曲と向き合ってみて、

「うん、好きだな」

と心から思えます。

非常にクレバーかつハートフルな作曲家だと思います。


たとえば、この「檸檬」のサビ。

これが凄い! 実に幾何学的でありながら、たまらなく詩的だ。

二分の二拍子、基本は四小節で一まとめのフレーズ。

しかし、その最小単位はさらに分割して、
「かわもに~(1.5)、はもんの~ひろがり(2.5)、かぞーえーた(1.5)あと~(2.5)」
と、つまり 3/4 と 5/4 の繰り返し と 錯覚させるようになっている。

そしてそれこそが、歌詞の持つ言葉のリズムになっているのです。

対して、レコードであの素晴らしいベースが刻むように、この曲は2/2でしかありえない。
それはもう、メロディに内包されている和音がそう必然づけている。


その、言葉と歌の対立するリズムが作る緊張関係、それがこのサビの魅力です。

詩がなければこのメロディは生まれ得ないし、曲があってこそ言葉のリズムが生きてくる。
歌と言葉の、幸せな結婚と言えるでしょう。

それは何もこの曲に限ったことじゃなくてごく普通の事だけど、
その教科書みたいな曲だと・・・・、はぁ、もうため息しか出ない美しさです。

そりゃ大先生とか仰いじゃいますよ!!

しかも、これを大先生が書いたのって、せいぜい20代後半かそこらですからね!!

嫌になっちゃいますよね、もう。w
スポンサーサイト

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。