旅する猫の通信局 ~ クロネコナイフ official web site ~ 

寂しい歌を優しく歌う、孤独のメルヘン弾き語り。 クロネコナイフ 鈴木涼 の 公式ブログです。

♫ welcome ♫
孤独の弾きたがり、「クロネコナイフ」。
メルヘンチック・ソングライター 鈴木涼 の 公式ブログへようこそ!!


「哀しいことは、小さな歌にして。」     クロネコナイフ 入魂のアルバム 
「夜明けのプレリュード」
夜明けのプレリュード
地味に世間様 絶賛☆発売中!!     ダウンロード版はこちら


作曲・編曲作品は↓のサイトでお聞きいただけます。

soundcloud
OK Music

you tube クロネコナイフチャンネル
「クロネコナイフ☆弾きたがり倶楽部」


気まま系ブログは・・・こちらです。
ブログ FC2 バナー1 吟遊詩人の遺書  La volonté d'un ménestrel

愉快な共演者たち 2011 11/12

2011年11月12日、六本木ブレイブバーでのライブで共演した愉快な仲間たちです。

今回はちょっと工夫してコラージュにしてみました。


クロネコナイフ サイン-1


みなさん素晴らしいミュージシャンばかりで、タダで聴けて得した気分です。
やくとくやくとく・・・・ww

ジャズとポップスを絶妙に混ぜ合わせた独自の路線を行きながら、完璧に均整の取れた音楽を奏でていたmouveさん。オリジナリティであり、かつオーソドックス。こういうの理想です。
本来は5人編成らしく、フルメンバーだったらどんなに凄いことだろう。
もっとお話がしたかったな。


ドレッドノートが似合いすぎるジェームスさん。
例えばこの人がOMを使っている姿は、僕がD-28をサムピックでガシガシ弾いているぐらい想像がしがたいです。(僕の勝手なイメージです。あしからず)
音楽そのものにもそれが反映されるのか、
それとも音楽性の違いがそのギターを選ばせたのか・・・どちらがより正しいかはわかりませんが、
同じギター弾き語りでも、やはりこれだけ性格の違いというものがあるのですよね。


なんか凄かった おぐまゆき さん。

ほんとになんか凄かった。
いや、良い意味で。
クロネコナイフもこういうドロドロした世界、あるはあるんですが、こういう風にストレートな表現はどうしてもできないので、はっきり言って憧れますね。
ただ、単に憧れるだけで、それをやるかっていうのは、また別なんですけど。。
お互い、自分の守備範囲内をわきまえた上で、やるべきですもんね。



それからピアノ弾き語りの hiira mika さんがいて、

現われたるは音楽仲間のichiAさん。
同じピックアップを使っている仲でございます。
この日は少しハーモニーが乱れていたように思います。
緻密さを売りにしてるユニットだと、僕は勝手に思ってるので、いらぬお世話ながら心配です。

で、クロネコナイフがお耳汚しをしまして、


その後はすっかり顔なじみのフジさん。
「ワークマン、ワークマン」という節が印象的な曲、『働いてる男』の中毒性は半端ないです。
今も頭の中エンドレスループしてます。w


そんな感じでございます。


さて、次のライブは明後日、

11月16日に六本木ブライブバーにて緊急出演が決まりました。


♪ 2011/11/16
六本木ブレイブバー
open 19:00 stage 21:50 tichet 1700円(1ドリンク込み)



そして、その次は、
久しぶりに錦糸町の野外ライブに出ます。
入場無料のライブなので、お近くにこられた際にでもお気軽にお越しください。

♪ 2011/11/19
錦糸町アルカキット 野外ライブ
stage 13:50 tichet Free


さらに、その2日後には、イベント出演があります。

♪ 2011/11/21
六本木クラブエッジ 「Alto Thief 5」
open 18:00 stage 未定  tichet 1500円(1ドリンク別)

こちらも是非、お忘れなきよう・・・・・。



もう、どんだけ六本木通ってるのよ自分、遊び人かよ!! って思いますが・・・、
スケジュールが過密でもライブができるのはやはり嬉しいです。


そんなわけで、ご都合がよければお越しください。

詳しい情報は、公式ホームページでゲットできます。

みなさま、お待ちしてます~。

スポンサーサイト

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL