旅する猫の通信局 ~ クロネコナイフ official web site ~ 

寂しい歌を優しく歌う、孤独のメルヘン弾き語り。 クロネコナイフ 鈴木涼 の 公式ブログです。

♫ welcome ♫
孤独の弾きたがり、「クロネコナイフ」。
メルヘンチック・ソングライター 鈴木涼 の 公式ブログへようこそ!!


「哀しいことは、小さな歌にして。」     クロネコナイフ 入魂のアルバム 
「夜明けのプレリュード」
夜明けのプレリュード
地味に世間様 絶賛☆発売中!!     ダウンロード版はこちら


作曲・編曲作品は↓のサイトでお聞きいただけます。



soundcloud
OK Music

鈴木しおん なら良かったな。

独身者で彼女いなくて生涯結婚する当てもつもりも全くないけど、
「キラキラネーム」、別にいいと思うよ?

既女に聞いた「キラキラネーム」をつけたがる心理
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1822409&media_id=71


て、ゆーかそこまで躍起になって反対する理由がわからない。

さすがに「ぴかちゅう」は無いとしても、
ルーシー、いいじゃない。
チロルは…僕だったらカタカナのままがいいかな。
無理やり漢字を当てはめるのはちょっとわからないセンスだ。。

こういう名前、
本人が後で悔やむかも、とよく言うけど、

仮に「和子」だったとして、10歳くらいになったとき、
「あたしルーシーとかだったらよかったのに」って思わないとは限らないじゃん。

てか思ったよ、僕は。
「しおん (←ひらがな、これ重要!w) とかが良かった!」って、それはもお激しくリアル中二の頃だ!o(^▽^)o

てゆーか、むしろ思うのが少女漫画的に健全というもの(笑)

そんで、
20歳くらいになったら、自分の名前との付き合い方なんて自ずと見つかるし。
そこまで責任は持てないじゃん。

冒険しようがしまいが、好まれるかどうかなんて結局わからないんだから、せめていちばん愛情のもてる名前をつけたら良い。

どうもね、この手の話で騒がしくなるたびに、
多数派を自称する人たちから「無難な線に落ち着いてるから私たちは愛と常識を持った親だ」みたいな安心感の求めを感じる。
そういうの嫌なんだよね。
邪推のし過ぎなら…すみませんね。f^_^;)


ある人AのBに対する愛情がどれほどのものか、それはどうしても知る事はできないから、(時には、本人にも) 信じるしか他にないものですよ。
絶望的な話ですがね。そこが人間という精神的存在の限界だと思ってます。

でも、
少なくとも記事のオチになっているような、「平成だから成子」なんてネーミングよりは、「なんか可愛いからルーシー」とした名前に、僕はより愛情のヒトカケを感じる。

そういう感じです。


あ、どうでもいいけど、
例の「しおん」って奴は自作小説のペンネームで使ってたという恥ずかしい思い出つきだ(笑)
ああ! 14の秋よ!!(爆)
スポンサーサイト

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL