旅する猫の通信局 ~ クロネコナイフ official web site ~ 

寂しい歌を優しく歌う、孤独のメルヘン弾き語り。 クロネコナイフ 鈴木涼 の 公式ブログです。

♫ welcome ♫
孤独の弾きたがり、「クロネコナイフ」。
メルヘンチック・ソングライター 鈴木涼 の 公式ブログへようこそ!!


「哀しいことは、小さな歌にして。」     クロネコナイフ 入魂のアルバム 
「夜明けのプレリュード」
夜明けのプレリュード
地味に世間様 絶賛☆発売中!!     ダウンロード版はこちら


作曲・編曲作品は↓のサイトでお聞きいただけます。

soundcloud
OK Music

you tube クロネコナイフチャンネル
「クロネコナイフ☆弾きたがり倶楽部」


気まま系ブログは・・・こちらです。
ブログ FC2 バナー1 吟遊詩人の遺書  La volonté d'un ménestrel

えいえん

「you are my love」

いつか、こんなメールが届くであろう事は、
とうに分かっていたはずなのだ。
だけど、現実は何もドラマチックを含まない。
なんの虫の知らせもなく、事は起こるのだね。

どちらにせよ、もうこれで怯える必要はなくなったのだ。

いつからと言われたら、ぼくは最初から怖がっていたのかもしれない。
はじまりは終わりに、誕生は死に、出会いは別れに直進する。


もっと一緒にいてやればよかった、なんて大嘘だ。
逃げていたのだから。
君が年老いてゆくのが怖かったんだ。
僕もまた死に向かってゆくのだと、早送りで突きつけられるようで。

いつも突然やってきて、また出て行く僕を、
君は恨んでいたかな。


ああ、君が猫型ロボットであったなら良かったのに。
子猫のままの体重で、ずっと抱かせてくれたなら。
それとも成猫の、あの美しい毛並みをいつまでも愛でさせてくれたなら、
・・・・そんなこと、ぼくの凄まじいエゴイズムだ。


もし、
生まれ変わりがあるのなら、今度は人間になっておいで。
そしたら僕はいつか猫に生まれて、君になでられにいくよ。
なに、そんなに未来の話じゃないさ。


ああ、もうさようなら。
君は僕の恋人だった。
誰よりもずっと、恋人だ。

================================

実家で飼っていた猫が他界したようです。

猫エイズを患っていたので前からずっと覚悟はしていましたが、
そんなもの、事実の前ではあまり用をなさないみたいです。

猫は9つの命を持っていると、よく言われます。
僕は魂とかそういうの信じない主義なのですが、
もしも彼女が生まれ変われるとしたら、
9つのうち1つでも、「また『りょー』と逢ってやってもいいか」と
思ってもらえるようなそんな良き思い出が、
あの梅干大の脳、しかし細やかな絹の心に、少しでも刻まれていたなら、

嬉しく思います。

10年間ありがとう。
そして、ごめんなさい。






本当は今日は告知を貼りたくはないのですが・・・

↓クロネコナイフのライブ情報↓

8月14日(土)
錦糸町駅前の野外ライブイベントに参加します!

8月25日(水)
六本木ブレイブバー
open 19:00
stage 20:50 
tichet 1755円 (1ドリンク込み)


クロネコナイフ 1st CD
「帰り道のハミング」
9月1日発売!!

タワーレコード・HMVで予約できます!
確実に発売日に入手されるには、お早目の予約がお勧めです!!
店頭・オンライン、どちらでもご予約可能です!!

公式ホームページ
「クロネコナイフ新聞」
スポンサーサイト

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL