旅する猫の通信局 ~ クロネコナイフ official web site ~ 

寂しい歌を優しく歌う、孤独のメルヘン弾き語り。 クロネコナイフ 鈴木涼 の 公式ブログです。

♫ welcome ♫
孤独の弾きたがり、「クロネコナイフ」。
メルヘンチック・ソングライター 鈴木涼 の 公式ブログへようこそ!!


「哀しいことは、小さな歌にして。」     クロネコナイフ 入魂のアルバム 
「夜明けのプレリュード」
夜明けのプレリュード
地味に世間様 絶賛☆発売中!!     ダウンロード版はこちら


作曲・編曲作品は↓のサイトでお聞きいただけます。



soundcloud
OK Music

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

絆と絆す

漢検が発表している恒例の、今年の漢字。

2011年は「絆」だそうで・・・・

「まーた薄っぺらなこといいやがって」・・・ぐらい思っていたのですが、

ある人のツイートで知りました驚くべき二面性!!

なんと、

「絆」は「ほだす」とも読んで、

その場合、

「情にほだされて・・・」などと言う様に、
どちらかといえば「惰性的な、なぁなぁな、がんじがらめの」意味をも持つ言葉らしいのです。

もともと、家畜を繋いでおく行為を牛に糸で「絆す(ほだす)」と書いたのが始まりらしく、
つまり語源的には支配的でネガティブな発想だったのですが、
人間同士の関係にも使うようになって、
いつの間にか「家族の絆」という風な「かけがえのないもの」「博愛的な繋がり」という意味に変質した、
というのが正しいようですね。


そこで考えてみると、

普通に「絆(きずな)」と言ったときにも、
一方では「繋がり」他方では「束縛」と、そこには確かな二面性が内在していることに気づきます。

まさに東京で作った絆によって、
僕はこの埼玉県戸田市にいるし、バイトをしながら東京で音楽活動を続けている。
それは自主的な選択の結果というばかりではない。
かといって他人の責任という物ではけしてないけれど、
「絆」が作り上げた、いや「絆」を保つゆえに現在はこうならざるを得なかった。

人は誰も一人では生きていけないけれど、
それは必ずしもポジティブな意味においてだけではないと言う事です。

だから、

安らかなるあの場所も、逃げ出したいこの場所も、
僕の絆に変わりはないのですね。


人それぞれにとって、
素晴らしい絆と、あまり歓迎されるべきでない絆と、両方ありました2011年ですが、
そう思えば「絆」という漢字ほど、ふさわしく、そして皮肉な言葉はない。

これを意図してのことなら・・・日本漢字能力検定協会、何気に、凄いな・・・。
マジリスペクトっす!!
スポンサーサイト

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。