旅する猫の通信局 ~ クロネコナイフ official web site ~ 

寂しい歌を優しく歌う、孤独のメルヘン弾き語り。 クロネコナイフ 鈴木涼 の 公式ブログです。

♫ welcome ♫
孤独の弾きたがり、「クロネコナイフ」。
メルヘンチック・ソングライター 鈴木涼 の 公式ブログへようこそ!!


「哀しいことは、小さな歌にして。」     クロネコナイフ 入魂のアルバム 
「夜明けのプレリュード」
夜明けのプレリュード
地味に世間様 絶賛☆発売中!!     ダウンロード版はこちら


作曲・編曲作品は↓のサイトでお聞きいただけます。

soundcloud
OK Music

you tube クロネコナイフチャンネル
「クロネコナイフ☆弾きたがり倶楽部」


気まま系ブログは・・・こちらです。
ブログ FC2 バナー1 吟遊詩人の遺書  La volonté d'un ménestrel

酒に寄せる散文

忘年会シーズンという奴で、なんか知らないけど皆さん使命感のようにお酒をお求めになります。

うちのバイト先は居酒屋です、おかけで毎日ミラクル忙しいです。

今日もマジで鬼畜かった…。(´Д` )

しかしこれからがいよいよ本番らしいので…

先に言っておこう。


僕は、お酒というものが嫌いである。

ほとんど憎んでいる、と言ってもよい。

自分で飲むのも嫌だし、人が酔っているのを見るのも嫌だ。

素面の時は好きだった人も、酒が入ると幻滅することもしばしば、いや、必ずするから、好きな人であればあるほど飲んでる姿をみたくない。

だらしない。
本当にだらしない。

しかし許されるのだ。

「酒の席だから」

そんな一言と共に。


そこには、「みんな酔えば大なり小なり同じようになるんだから、お互いさまだ」
という、わけのわからない論理がある。
ふざけるんじゃないよ、どうして酒を飲むことが前提となっているのだ。

この前提の悪しきところは、例えばAとBがいて、Aは酔っていてBは素面のとき、

酒で気が大きくなったAは、この場が
「普通の状態じゃない」と信じているから、何を言っても平気だが(Bの心をえぐるような事だって!)、しかしAがそうであるからと言って、Bもそうであるというわけはあるまい。
だから、その場合、Bは泣き寝入りである。

なぜなら、仮に言い返してAの人格を否定したとて、Aにとってはそれは酒の席での話となるからだ。

それが本当に卑怯だと思う。



僕は、そうやって知った本音を胸に抱き、実はずっと怨みに思っているのだとだけ、色んな人たちに言っておこう。


スポンサーサイト

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL