旅する猫の通信局 ~ クロネコナイフ official web site ~ 

寂しい歌を優しく歌う、孤独のメルヘン弾き語り。 クロネコナイフ 鈴木涼 の 公式ブログです。

♫ welcome ♫
孤独の弾きたがり、「クロネコナイフ」。
メルヘンチック・ソングライター 鈴木涼 の 公式ブログへようこそ!!


「哀しいことは、小さな歌にして。」     クロネコナイフ 入魂のアルバム 
「夜明けのプレリュード」
夜明けのプレリュード
地味に世間様 絶賛☆発売中!!     ダウンロード版はこちら


作曲・編曲作品は↓のサイトでお聞きいただけます。

soundcloud
OK Music

you tube クロネコナイフチャンネル
「クロネコナイフ☆弾きたがり倶楽部」


気まま系ブログは・・・こちらです。
ブログ FC2 バナー1 吟遊詩人の遺書  La volonté d'un ménestrel

ウチのアニマルたち。

帰るたびに、よく覚えていてくれるものだと思う。

ふた声ばかり吠えて、すぐにもう尻尾を振っている、我が愛犬、クー。


暴れる犬



久しぶりの対面に、大興奮なう。
ええい、おとなしく写メらせなさい!



やっと大人しくなった。


やっと撮れた一枚。

この喜ぶ姿をみるにつけ、再び淋しい思いをさせてしまうことに、いつもさっそく心を痛めるのですが…。




そして、実家のアニマルたち、二人目。

この人が新しくきた猫、名前はウルク。

シャム系のミックスだ。


シャム猫ウルク

名付け親は弟なのだけど…、
まさに彼らしい中二センスが溢れてるな、と思ったものです。d(^_^o)


この人は本当に人懐っこくて、殆ど部外者みたいな僕にも数分でもう慣れてくれて、
その日の夜にはさっそく一緒に寝てくれるという・・・・大サービスっぷり。

元、捨て猫という出自がそうさせるのだろうと父親。
なるほどにゃあ。

前いた猫、永遠の恋人「チャコ」は、それはそれは女王様の佇まいでいらっしゃったものだが…

猫の性格も実に様々なのだ。

高いところが好き


高いところが好きな人らしく、よくこうして本棚の上に登っていた。
チャコはあまりやらなかった事でもあり、こんな事にも性格の違いが。



あ~、それにしても、ずっとこの子たちと暮らしていたいよ。。。
スポンサーサイト

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL