旅する猫の通信局 ~ クロネコナイフ official web site ~ 

寂しい歌を優しく歌う、孤独のメルヘン弾き語り。 クロネコナイフ 鈴木涼 の 公式ブログです。

♫ welcome ♫
孤独の弾きたがり、「クロネコナイフ」。
メルヘンチック・ソングライター 鈴木涼 の 公式ブログへようこそ!!


「哀しいことは、小さな歌にして。」     クロネコナイフ 入魂のアルバム 
「夜明けのプレリュード」
夜明けのプレリュード
地味に世間様 絶賛☆発売中!!     ダウンロード版はこちら


作曲・編曲作品は↓のサイトでお聞きいただけます。



soundcloud
OK Music

F#とB♭と・・・

一月ほど前のライブで、PAの方にこう指摘された。

「そのギター、2カポで弾いたとき、ハウリングしやすくて、
そのためスピーカーからはかなり音を削って出しているため、
元の音が良いのに凄い勿体無い!!」

・・・・そうなんです。

なーんか、気になっていたんです。ずっと。

どうも音のリリースが貧弱な印象があって、ライブで弾いてて全く乗れないってコト。。。

そういうわけだったんですね。


PAさんとも少し相談しましたが、ギターそのものか・・・それともピックアップの特性か・・・
どちらにしてもなんとか対処しないといけないね、という結論に。


で、この前スタジオで、いろいろ試してみたらば・・・

どうやら発見しましたよ!!
原因のひとつと思われるバグを!!


僕の愛用ギター、どうやらF#とB♭に共振してしまうらしく、
たとえば1弦の2フレットなんか思い切りブーストしてしまう。

それでわかった、2カポのときにハウリングしやすいと言われた理由。

「ピルグリムキャラバン」という、セットリストのレギュラーがあるのですが、
その曲は2カポでG調のポジションで弾き、さらに僕の曲の中では非常にレアな、
ストロークで賑やかしく弾くギターとなってます。

Dのとき、F#が出すぎていたってわけですね。

そういえば別のライブハウスでも、
「ストロークの時だけ高音がキンキンする。アルペジオのときは全然問題ないのに・・・」
とか言われてました。

なるほど、それも道理。
アルペジオの時は各弦で力をコントロールするから問題ないわけです。


また、B♭についても、僕E♭調が好きで、
1カポDで弾く事が多いのですが、

弾いていて、たしかに違和感と言うか、
イメージどおりじゃない感じはずっとありました。

特に、ストロークになると・・・!!


うーむ、今回の発見、
なんだか長年の色んなことが物凄く腑に落ちました。

ただ、腑に落ちたところで何ら解決にはなってないのですが。。


てゆーか、今までそこに気づかなかったのかよ!!

って話ですけど・・・。

何年このギターと付き合ってると思ってるんだ。


それにしても・・・フレットもヘコミまくってるし・・・コンディションを見る上でも、
そろそろリペア時ですかねぇ。。。



・・・ん、まてよ・・・

共振だとすれば・・・何か重りをヘッドにつければ・・・あるいは!?

いいかも!!

次のスタジオ練習で試してみます~。
スポンサーサイト

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL